2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.03.31 (Wed)

生産地を調べる

こんにちはNeisanです。

最近の気になることをお伝えいたします。

最近中国の餃子事件発覚後

商品に対して、消費者の関心が強くなって

もうかれこれ2年くらいたつでしょうか?

その興味にしたがってお子様に色々伝えていくことはいかがでしょうか?

例えば、レタスであればどこの産地なのか

その商品のラベルに書いている場合

それを使って、都道府県を覚えてしまうのはいかがでしょう?

お子様と一緒にちぎってサラダを作る前に

産地を調べ日本地図でどこだか確認すると言ったこと。

ただ頭に地理を詰め込むだけではなく

楽しく覚えられると思うのです。

もちろん産業も覚えられるので

深く物を考えることができます。

また自分達の周辺で作られていれば

そこまで行って、現場を見てみれば

もっと実感がわくと思うので

違う商品のラベルを見た時

興味がわき、どんなところでつくっているのか?

どうやってできているのか?

収穫などはどうやっているのか?

などなど

子ども達の頭の中をめぐったら

もっと想像性が豊かになると思うのです。

神奈川県や東京都くらいでしたら

レタス畑まで行ってみるのも良いかもしれませんね。

そうやって芽をださせ、今度は自分で想像できて考えることができたら

とっても感性が豊かになるかもしれません。

是非一度ためしてみるのはいかがでしょうか?

スポンサーサイト
17:13  |  未分類  |  トラックバック(1)  |  コメント(1)

2010.03.15 (Mon)

芸術言語論

こんにちはNeisanです


言葉は難しいですね。

人に伝えると言うことはとても難しい

芸術言語と言う言葉を昨日テレビでしりました。

昔からとても興味をしめす内容の一つです。

吉本隆明の芸術言語論は私の疑問を分かるように説明してくれました。

森鴎外、太宰治、夏目漱石の神秘的な言葉の伝わり方が

私がなぜ好きなのかやっと分かりました。

言葉は人と話す時のコミュニケーションに使う道具であり

木で例えれば、葉の部分で

木の幹はなにも無いところから感情が湧き出てくる所。

自分から感情が出てきたそのものをいかにうまく伝える事ができるか

それが芸術みたいです。

木の幹の伝え方がとても共感できるものに対して

音楽、美術、小説など深くはまってしまうのかもしれません。

子どもがなぜ好きなのか。

多分、その幹の部分を私に正直に伝え、表現ができるから

大好きなのかもしれません。

大人は色々な言語を知り感情を隠し

表現をごまかさなければいけない時があるけれど

子どもにはそれが無いですよね。

だから泣いている赤ちゃんも、ぐずっている子どもも

可愛くてしょうがないのかもしれません。

私にうまく感情を表現してくれていると思ってしまうのでしょう。

私の表現が分かりづらいのは

木の幹の部分を伝えようとするから

勉強もしていない私が小説家のように

伝える事が出来る訳がないと言うことが分かりました。

なるほど~とうなずくばかりでした。

もうちょっと勉強をして表現ができるように

なれたらいいなぁなんて思ったりしています。




この記事も駄目駄目ですね。^^;







07:12  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.03.07 (Sun)

海外へ

こんにちはNeisanです。

今回は私の趣味をお話します。

私の趣味は海外へ行くことです。

最近色々忙しくてなかなか日本を出ることができませんでした。

そろそろ色々なネタの充電をするためにちょっと出かける計画をたてようと思います。

まだ未定ですが、行くとしたら南フランスになると思います。

いつもツアーでは行きません。前もってホテルもとりません。

現地調達でいきあたりばったりで行きます。

モナコ、ニース、イタリアと行った事がありますが私の場合いきなり思い立ったら行ってしまうので

みんなびっくりします。

行動力だけが私の得意としているところなので

そこを生かしていっていると自分でも思います。

一人で行きます。今回は店の仕入れとともに行ってこようと思います。

ちょっとした夢なのですが、私は、独自で見て気に入ったものを買い付け

日本でセレクトショップとして売りたいと考えています。

南フランス、イタリアはワインがおいしいのは皆さんもご存知だと思いますが

添加物の入っていないワインはおいしいです。

空輸のワインはとってもおいしい。

本場へ行って飲んでみるとこんなに違うのかとびっくりします。

若いワインを買い付けて、日本で熟成させて、5年後くらいに飲んでみるといったことを

お店としてやってみたいと思っています。

いま持って帰ってこれるのは5本までなんですよね?



できれば日本から出て、いずれはそちらで暮らしたいとも考えるほど

あまりお酒がのめなくなった今ですが、おいしいワインを少し飲みたいと思っています。


まぁまだまだ先のことですが、本拠地をフランスにおいて日本に何ヶ月に1回帰ってきて

またフランスへいけたらと考えています。


フランスからイタリアにかけては

この前行ったように電車で移動しようと思っています。

本当に世界の車窓からといったイメージです。

ただ、モナコからニース、イタリアと渡るとだんだん治安が悪くなってきます。

英語も通じなくなってきます。

通貨も今はユーロになりましたが、昔はユーロをリラに変えて

イタリアでは買い物をしていましたが、その時は本当に頭の回転がはやかったと思います。

今できるのか心配です。

究極の頭の回転の速さですね。

一人で、だれも助けてくれる人がいないというのは

自分のもっている力を十分発揮できる機会です。

でもこの件に関してはお試しあれとはあまり言えないことですね。

結構現地では怖い思いもたくさんしました。

スリが多いのと、電車の中はとても孤独で

拳銃を向けられたこともあります。

ちょっとびっくりでしょ^^

でも現地の人たちはとっても優しい人が多いです。

今度は、電子辞書を持っていけるのでとっても便利ですよね。

コミュニケーションも取りやすい

可愛いおじいさんとかたくさんいますよ^^

南仏は光が日本とは違います。

まったく霧がかかっていないすっきりとした太陽で

海を見ながら2時間何もせずいられます。

あのきらきらした太陽が、ブルー、イエローをかもしだすのかと思ってしまいます。

南仏の生地はブルーイエローがすごく多いのも分かる気がします。

子どもにその生地で作ったワンピースを買って帰った事を思い出します。

あともう一つの目的ですが

やはり現地で見る歴史を肌で感じることですね。

美術に関してはとてもすごい!!!の一言です。

圧倒されます。

日本の美術館に来ることもありますが

石で出来ている古いお城などで絵画を直接見ることができるので

何とも言えない感情がわきあがってきます。

絵が生きて動き出しそうに見えます。

今度は少し長い旅にできたらしようと思っています。

短ければ2週間長ければ一ヶ月くらいでしょうか

知り合いの店に行って働いてくるのもいいかもとも思っています。

まだ行けるか今のところ未定ですが

行けたらいいなぁなんて思っています。

























09:50  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.02.09 (Tue)

最近の商品の注意書

こんにちはNeisanです


最近の商品の裏の使用上の注意を見て気が付いた事なんですが

とあるメーカーのトイレットペーパーの注意書に興味をもちました。

それは「ストーブなどの火気の近くにおかないでください。」

とか「トイレに巻芯を流さないでください。」という文章です。

私もいつしかそのような事を学んできましたが

この文章はなぜ書かれているのか?

子ども向けに書いているのか?子どもだったら何歳からに向けて書いているのか。

小学生?「巻芯」と言う言葉は何歳くらいから読めるのでしょう?

1年生では多分習わないからせめて2年生以上かなと思います。

色々考えられるのですが





この注意書きを小学校の低学年から読ませてあげる事っていいことだと思いませんか?

常識も書いてあると思うし

小さい頃から教えてあげたらいつしか学べます。

「トイレットペーパーを火のそばに置いたら」どうなるか?

「トイレに巻き芯を流したら」どうなるか?



でも怖いのは




企業側から

もし大人向けに書いてあるとしたら

とても恐ろしい事だと思いませんか?

使用上の注意をどこまで書けばいいのか?

これからの時代常識がどんどんうすれていくような気がして

とても怖いです。

大人になる前に注意書きを読まなくても分かるためにとか

忙しくて気が付かないで置いてしまわないように

書いてくれているのかなぁと考えて

この問いかけを終わります。
















07:12  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.02.06 (Sat)

子どもの洋服

こんにちはNeisanです。


子どもの洋服についてお話いたします。

幼少の時いつしか自分の着るものに興味をもち

これが着たいといってくることがあります。

その時子どもにどのような対応をしてますか?

まぁだいたい女の子の選ぶ色はピンク、赤

男の子は水色、青を選びます。

洋服に無頓着な子どもは何も言いませんが

キャラクターの絵が描いてあったりお花模様が書いてあったりするものを

着せていますよね。

一つ私が思うのは、子どもの洋服を選ぶ時

幼少時代は「あなたはこの色が似合うから」と言う言葉をあまり

使わない方がいいと思うのですが?いかがでしょう。

なぜならば、幼少の時自分の着たい色又デザインの洋服がきれず

ずっとその思いが残り、大人になるまでに

自分の似合う色が分からなくなってしまうことです。

小さい頃はたまにはお子さんの自由な色自由な形を

ちょっと着せてあげる事をしてもいいかもしれません。

その時にお友達の反応はどうなのか

鏡をみて自分で決めたという満足

多分そういうお子様もいるとは思いますが

一週間に一度くらいはやってみてもいいかもしれません。

小さい頃はどうしても季節や自分に似合う色など

分かるはずもありませんが

経験をしてそれが分かっていくことが必要なのかもしれません。

もちろん親が決めてあげる事も必要ですが

おかぁさんの事が大好きなお子様はどうしても

おかぁさんが似合うからというからと言う事になりがちで

もちろんそう言ってくれると親は嬉しいのですが

自分で自分の似合う洋服を選べるようになるためには

幼少時代はある程度自由なことをしてあげることをお勧めいたします。

それが過ぎると、もしかして私ってこういう色似合うかも

なんて着てみて、親よりセンスのよいところがでてくるかもしれません。

将来「おかぁさん!こっちの色のほうが似合うよ」「そう着てみようかしら」

「まぁほんとだわ!」なんてことになるかもしれません。

子どもの方が、自分に似合う色や、形を教えてくれる。

そうなったらいいですよね。自分では分からないところを

教えてくれる、もう一人家族がいるなんて幸せではないですか?

少し大きくなったら小学校の学芸会にきて行く洋服など

お子様と一緒に選べるようになったらとてもいいかもしれませんね。



06:03  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。