2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.01.10 (Sun)

うどん教室

こんにちはNeisanです。






”「何でこのお教室やっているの」”の巻き






自分の幼少時代の話です

私の幼少の時代はとってもお金に苦労をした時代を

過ごしてきました。

その苦労話を聞くと私の母親は永遠とは言いませんが

長い時間話す事ができます。

母親も大変だったと思います。

お金や、精神的に苦労をしていると

どうしても子供の事まで、かまってられないなんて感じでしたね。

母親が自分の生活で時間をとられ精神的、時間的に精一杯な時はどうしても

私のところまでなんて愛情があってもその気持ちがとどかない状態でした。

やっとそのことがわかったのは大人になって色々勉強をしてからのことですが。

私は両親に「りくつっぽい」「もっと素直になれ」などと言われて育ちました。

親とすれば「はい分かりました」とはやく言ってほしかったのでしょう。

と言うのも、私は「なんで、なんで」の”なんで攻撃”の子供でした。

多分その”何で攻撃”をかわす方法を両親は知らなかったのでしょうね。

最後には「うるさい!!!」で終わるんですね。^^;

私の場合自分の訴えたい気持ちが伝わらない時(買って、やって、他の人はこうしてるのに

どうして私にはやってくれないの)と言う時になんで攻撃がはじまります。

自分を思えば親なんて何でも知っていてえらいものではないと

今は分かるのですが、幼い私には理解がどうしてもできませんでした。

時代もあったのかもしれませんが

親は「私の言うことを聞いていれば間違いない」なんて思っていたんでしょうね。

「私はお前より長い時間生きているので経験からものを言うと」なんてね

本当はその時に幼い私に、わかる様に丁寧に状況を教えて理解させて、考えさせてくれたら

”何で攻撃”はそんなに長くかからなかったのかもしれません。

子供に質問されて分からない事があっても当然ではないでしょうか?

分からなければ一緒に考えてあげて調べてあげればいいと思いませんか?

自分が素直になって、してあげられない理由を伝えてあげればよいのではないですか?

生活の状況でできる事とできない事があるのは当然です。

うそをつかず、そのこなりの分かる伝え方で、正直に本当の事を

素直に伝える事が必要だと思います。

また「どうしてだと思う」と聞いて子供に考えさせてあげる事が必要だと思います。

考えさせる癖をつけさせる事も将来必要となってくるので

絶好のチャンスになったかもしれないのに

「親の言っていることを聞いていれば間違いない」なんて言われたら

せっかく生まれ持っている創造性や感性、考える力はどこかにふっとんでしまうかもしれません。






今の子供達には想像性、創造性がないと言われています。

親がそれなりの中途半端な答えを何とか言ってしまうからもしれません。

車が来てそばを通ってもよける事をしない子供がたくさんいます。

駐車場に車を止めようとしている車がいても、平気で車の周りを歩き回ってしまう。

ぶつかったら怪我をするという想像ができない。

エレベーターで遊んでいても本当は「エレベーターにはさまれてけがをするからやめなさい」

と言わなくてはいけないところを

「警備員のおじさんにおこられるからやめなさい」

なんて言っちゃうから警備員がいなくなたらまたやってしまう。



残念な事です。

話はそれてしまいましたが、私の行っているお教室では

ご家族で色々なお話ができるように、考えさせるように

タイミングをはかりながら、子供達の創造性(想像性)や考える力を

つけるために少しお力になれたらいいなぁと思い

開きました。


もしよろしかったらいつでもご連絡いただけたらなぁと思います。
お待ちしております。^^






















スポンサーサイト
06:58  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kkcafe76.blog81.fc2.com/tb.php/32-11a2647e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。