2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.02.04 (Thu)

展示会に来てくださったお客様へ

Neisanです。


本日は寒い中マークセンターで初めての展示会にご来場いただきました

たくさんのお客様、本当にありがとうございました。

お客様と色々お話ができてとても嬉しく思います。

いろんな方達とお話ができることが

私としましてはお店をしている中で一番の重要部分なので

もっともっとお話がしたかったように思います。

今回皆様にお会いできた思いを忘れずこのブログに描きとめたいと思っています。





また6月頃、楽しさを倍増し展示会を考えておりますので

次回またモトコズの展示会にご来場いただければと思っております。

コンセプトが抽象的なお店ではありますが

これからもモトコズをよろしくお願いいたします。

本日は本当にありがとうございました。





18:57  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.02.01 (Mon)

お米のこだわり

こんにちはNeisanです。

まず最初に

今日は簡単でさっぱりおいしいレシピをご紹介いたします。

レイセイスパゲティーです。

材料

スパゲッティー
ツナ缶
きざみ大葉
大根おろし
ポン酢
以上です。

時間がない時にどうぞお試しください。


スパゲッティはゆでて冷水でさまして水をきって、お皿にもり
その上に大根おろしをのせ、大葉をのせ一人分ツナ缶半分をのせ
ポン酢をお好みでかけて

はい!できあがりです。
簡単でしょ^^

お子様がいるご家庭などで、夕方時間がなくなったときなど

いかがですか?




さて、お米のお話ですが

私って自宅での料理は凝るか手を抜くかどちらかですが

面倒で手を抜きたい時や時間に余裕がない時などでも

おそうざいやお弁当を買ってくる事ってあまりないんです。

それは、叔父が作ったお米を茨城から

玄米のまま車で運び、自宅で精米しながら食べているので

その精米仕立てのお米をたき

ご飯と納豆とか

ご飯と大根おろしとかで充分おいしく

満足しながらいただいております。

私の中ではいかにお手をぬいてお金をかけず贅沢をしいる様な感じですかねぇ。




私の中でお米は重要な部分をしめているので

叔父がお米を作る前はほとんどどこからか玄米を調達し食べていました。

今では玄米を自宅で精米し食べ続け続け9年で、叔父から調達できる様になってから4年です。

ですので以前の玄米の調達の大変さを考えるととてもありがたい事です。

叔父がお米を提供してくれなくなったら

お米をどこから調達するか私の中では深刻な問題なのかもしれません。





叔父から安定して玄米を調達する事ができてから

その年のお米を新米から食べ続け

その年の米を一年間で食べ終れる事に幸せを感じます。

昨年10月の新米を茨城から持ってきて

今その玄米も残り30キロをきりました。

そろそろまた茨城まで取りに行かなくてはいけないですね。

新米から一年を通して食べてみますと

おいしさはあまり変わりませんが

水分が徐々になくなってくる事がよく分かります。

そんな私の中でのこだわりの米を

お店の中で提供しています。

どうぞモトコズのお米を食べにいらして下さいね。







お店でもいつも精米したてのごはんを提供しています。







05:54  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.01.30 (Sat)

お店

モトコズのお店のコンセプト



こんにちは!Neisanです。
最近とっても悩んでいることがあります。

私の店のコンセプトが一言で言えないことです。

皆さんに、どのようにお伝えすればいいのか

何とも難しいのです。

やっていることがたくさんありすぎて

わかりずらい。

私は、このお店を皆様によい話の情報をお伝えする場として

これからまた色々なことをやっていきたいと思っています。

そこが店として皆さんに対して抽象的で分かりづらい。

例えば、料理を提供する店なのか

花を提供する店なのか

子どもの教室を行っている所なのか

手作り品を提供する店なのか

私の中では一つその中でも共通する事柄があるのですが

なんと伝えればいいのか分からないのです。

一つ言えるとすれば、皆さんの心に、私の心に

楽しさや、志や、ん~難しい。

びびっとくる言葉がないですね~。

私達の心に満足できる時間を作りたい?

楽しく生きるためのヒントがある店?

楽しく生きるために必要な言葉や情報を交換する店?

やっぱり一言で言うのは難しいですね。



昨日ですが、ランチの時間の中で

お客様と話す機会があったのですが

その時、人それぞれ、悩みもあるし楽しい話もありました。

「うん分かるわかる」「そっかそれやってみよう」「そういう時あるんだ」

なんて話。そんな言葉が飛び交う店にしたい。

またまた抽象的なんですね。

自宅を改装して行っている店内で

落ち着いた雰囲気の中でお話ができるので

そこが面白く、緊張しないで話ができるのがいいのかもしれないですね。

そんな事の延長で、モトコズの提供するものすべてがその時間と会話の中で

皆さんに気持ちによい変化を提供できるお店にしたいのです。

やっぱり抽象的ですね。分かりづらい。

本当に申し訳ないです。

一言で分かる言葉が見つかりましたら

またお伝えしようと思います。

変わっていくモトコズをよろしくお願いいたします。














10:10  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.01.26 (Tue)

2月4日(木)展示会開催決定!

こんにちはNeisanです。

2月4日(木)10:30~13:00
マークセンターにて展示会を行うはこびとなりました。

展示会では、春物の手作り品、ブリザードフラワー
子ども教室、ケーキのご試食、冬物のセールなどなどご紹介しようと思っています。

皆さんお誘いの上どうぞいらしてください。

お待ちしております。
07:19  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.01.11 (Mon)

子供に状況判断を考えさせる

Neisanです。



お子さんのいらっしゃる皆さんは

お分かりでしょうが

子供って時には怪獣になりますよね。

「寝ている時は天使のように可愛い」のに

何で今怪獣に変身してしまうのか。

「うぅっもうちょっと我慢してくれないかな」

「後手お菓子買っってあげるから今ちょっと静かにして!」

なんてね。病院の待合室などで、よく見かけます。

まぁ静かにしている子供はゲームを与えてあって

それに集中している時はものの見事に静かなんですね。

親にしてみれば、静かにしていてくれるなら

ゲームもしょうがないかと言う感じでしょう。

でも子供って、まだ状況の判断があまりできないじゃないですかぁ。

病院は治療してもらうところ。体の悪いところ見てもらうところ

みんな病気で来ているから、体調が悪い人がたくさんいるところ

なんですね。それを説明してあげている人はどのくらいいるのかなぁ

何で静かにしてなきゃいけないのか?

子供が理解できるように説明する必要があるのではないかなぁ。

ゲームをやっていて静かにしている子供も

もしゲームを忘れてしまえば

怪獣に変身!

状況が分かってなければ

あるかもしれないですよね。

もちろん一回教えてすぐ理解できるわけではないけれど

繰り返しここは何を目的に来ている人がいるのか

そのこなりの説明が必要だと思うのです。

待合室で大声ではしゃいでしまっている子供

親はもしかしたら、「はずかしいから静かにして」と

心の中で思っているしその場を何とかしのぎたいと

思っているのではないですか?

要するに、自分が恥ずかしい。

だからお菓子を買ってあげるとか、ゲームをあたえておくとか。

まず幼少の頃親は自分の子供に対して、恥ずかしい思いをするのは

当然だと考えた方が気が楽になりますよ。

仕方がないですよ。状況が判断できるような経験が少ないのですから。

ただ小さい時からそこはどういう場所なのか

どういう人がいて、何をしているところなのか

一応説明してあげてください。

「ここは、病気を治しにきているところ」なんだよ

「痛いところをなおしにきているのに、さわいだらその人どうなっちゃうんだろう?」

って考えさせてあげてください。

その繰り返しです。

いずれは、待っている時間が長いし、ほかの人に迷惑をかけちゃいけないから

自分が何もしないで待つのはつらいから

ゲームや本を”自分で”忘れずもっていくかもしれません。


私も子供が小さい頃には、たくさん恥ずかしい思いをしてきました。

子供を育てる時はそんな事日常茶飯事ですよ。

だからそういうことがあっても大丈夫です。

ただその事を知らないで育ってしまうことが

一番怖いことです。

状況判断のできない大人の事です。

想像ができない大人です。

そうならないように、今のうちはいくら子供のために恥をかいても大丈夫。

教えてあげてください。考えさせてあげてください。

子供に教える時や子供に聞かれたら

「なんでだろう」「どうしてだと思う」を口癖にしてください。

意見をいうならば、「おかぁさんはこう思うけどあなたはどう思う。」

親がわからなければ、「わからないなぁ、後で一緒に調べよう」ですね。

小学生になるにつれて、考える事や調べる癖がついているかもしれません。


疑問が出てきた時自分で調べて理解してくれたら

こんなに楽な事はないですよね。

前向きな話なんですが、やらないよりはやった方が

いいなぁなんて思います。







大人の怪獣より子供の怪獣の方が

レーザービーム発進!!くらいで何とかなりますから。

大人の怪獣にならないように

少々今は、大変かもしれませんが子育てを充実したものにしてくださいね。

応援してます。



































07:04  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。